陽転思考オンライン講座15

パワースクールの皆さん、お待たせいたしました!

毎回大好評、沢山の反響を頂いております「陽転思考オンライン講座」ついに15回目を迎えましたヽ(^o^)丿

前回は「オーラが変わっていく」ということ、そして今回は「悩みがなくなっていく」ということについて、和田が熱弁しています!

陽転思考をみにつけて、わくわく、楽しく、毎日を過ごしていきましょう☆

※動画中で和田は16回目と話していますが、15回目の間違いです。

この授業へのコメント

  1. ジョーイ より:

    先生、ありがとうございます!
    悩みは認識ということで、
    悩み。例えば今お金が豊富に稼げない。
    現状余裕がない。という場合。
    今手元に無くて稼ぐチカラもないから、
    お金ない。どうしよう。。はぁ。。。
    ではなく、
    無いなら、まず借りれば良い。
    借りたらすぐ目の前にあります。
    私は今まで何度も借りて、その度にきちんと返してきました。だから、お金の貸し借りという意味で私はとても信頼される実績のある人間です。だから、また貸して貰える。そして借りたら、きちんと返す様に働いて返していく努力と行動をきちんととります。借りた分きちんと返せる自信が今回もあります。そのためにも一生懸命働こうと思うし、もっと稼げる様に今まだ出来ない事を学び、それを楽しもうと思う。好きな事を学ぶと嬉しいし楽しいし、出来る様になりたいから一生懸命になります。一生懸命な自分は大好きで、それがいつか人の役に立てる所を想像すると嬉しくてワクワクします。今無いなら、先に借りてきちんと返して、借りた分の何倍も稼げる人に成長すればいい。稼げる様になっても、貸してって頼んですぐ貸して貰えて、それを何倍にも膨らまして、利息だけでなく御礼の分も入れて返せる様になったらいいな、と思います。人からお金貸して貰える人が信頼される人だと思います。でも私はすでにその信頼があるから、私の前にお金はあるのです。そして稼げる人に成長することが私の課題です。その成長を楽しんでやって行きたいと思います。先生、ありがとうございます。

  2. さとこ より:

    今回のお話しも思い当たるフシが多々あり、陽転思考の深さを感じました。
    悩みと捉えると、マイナスの方向に感情が向かって、負のスパイラルに陥っています。
    悩みを課題と解釈し、その課題に向かってどのように動くか、しっかり考えます!
    「悩みを生かす」ということの大切さ、感銘いたしました。
    被害者意識ではなく、どのように今の課題について取り組み、解決していくか
    今日も考えて動こうと思います。
    毎日の陽転思考の癖をつける、すぐにはできていなく、少々焦りますがコツコツ続けたいと思います。

  3. こだま より:

    悩みを人のせいにしたり周りの環境のせいにしても何も解決しませんよね。悩みは自分の行動がつくった結果と受け止めて、自分で解決(行動・改善)していこうと思いました。

  4. トラゴロウ より:

    いつも元気が出る講座をありがとうございます。
    悩みだと思うとどうしようもできないことだけど、この困ったことを解決しようと考えて行動すると、悩みが変質して生き方も変えるって素敵です。悩みのままのことがたくさんあるので、少し身軽になれますね!
    ところで、第15回なのになぜ和田さんは16回目とおっしゃるのですか。この謎に悩んでいたので、思い切ってお聞きします。どんな答えでもきっと私のもやもやを解決して、聞こうとした私を褒めてあげられる気がします。
    よろしくお願いします。

    1. 管理人 より:

      トラゴロウさん、コメントありがとうございます。

      そして、思い切ってお尋ねいただき、ありがとうございます。

      なぜ和田が16回目と言うのか?!
      それは・・・・・
      撮影のときに16回目だと思い、撮影していたからです(スタッフも誰一人、気づかなかったという・・・・)
      そのためしばらく、本来の回と和田が冒頭に●回目というのとずれますが
      どうぞ温かい目で見ていただければ幸いです。
      (すみません、スタッフもそこまでの編集力がなく・・・・・)

      ※注釈を紹介文に入れさせていただきました。ありがとうございます。

  5. なっちゃん より:

    陽転思考だと、悩みに対する解釈が変わり、それを課題と捉えることができ、解決に向けて行動し、例え全てが解決しなくても生き方が変わる、そして挑戦する人生、前のめりになれる人生になっていく!
    今回も心に響く言葉、ありがとうございます(^^)

陽転講座に関する授業