【音声】第7回パワスク質問大会

パワースクールのみなさま、こんにちは!

お待たせいたしました!
第7回パワスク質問大会の音声をお届けいたします。

「心がぽかぽかした」今回の質問大会、みなさまぜひ、お聞きください!

今回のご質問はこちら↓

【1】匿名希望 さま
コロナをきっかけに、これからのビジネススタイルが変わるだろうと言われていますが、今の時点で、和田さんはどのように変わると思われますか?

【2】匿名希望 さま
住宅営業で店長してます。
ゴールデンウィークはいつも集客たくさんから見込みのお客様を作るのが目的でしたが、今年は集客見込めません。和田さんならどう対策しますか?

【3】鈴木 さぎり さま
和田さんは、なぜ?次から次へと、コンテンツほか、湧き出てくるのですか?枯れない泉のようです。
メルマガ、パワースクールなどなど、すごい量をOUT PUTなさっていますが、なぜ、話すネタが尽きないのでしょうか?

【4】H さま
「相手の気持を考える」「空気を読む」という事がどうしてもうまくできません。
本心では相手の気持ちを読むなんて、心理学者や超能力者でないと無理だと思っています。
あとはドラマや映画などを見ていて、表情や仕草の演技を読み取る事が苦手です。
あとで他の人の感想を聞いて「ああそういう意味だったの?」と初めて思うような有様です。
実は広汎性発達障害の診断を受けており、これらの事は典型的な障害の特性である事を知りました。他にもスポーツやチームプレイが極度に苦手だったり素早い作業やマルチタスクが不得手という特性があります。
でも自分は「障害だから仕方ない」と諦めたり開き直ったりはしたくありません。
できるだけ特性を知った上で人の気持ちを知る練習、コミュニケーションの練習をしたいと思い、診断後は特に和田さんの発信やセミナーに関わる機会を多く持つようにしています。
セミナーなどでやるロープレはこなせるのですがが実践ではなかなかうまく行きません。日常会話ではとっさに言葉が出てこないです。
特にどのような点に気を付けて受講し、実践すれば普段の生活に活かす事ができるでしょうか?

この授業へのコメント

  1. なっちゃん より:

    リモートでは聴覚・視覚のみ使うので、それに合った伝え方スキルが必要。これからはチョイスできるようにし、お客様自身の責任で選んでもらうスタイルに。自粛中は新規よりも既存のお客様が喜ぶことを。人に伝える目線での和田さんのアンテナの張り方のスゴさ(笑)伝えたいことを言語化することが重要。トライアンドエラーの繰り返しで経験値を増やし想定外を減らしていく。開き直りなどで強い方のポジョニングを取れるように。最後の質問はすごく心がじんわりと…(思い当たる部分もあって…)今回も本当にありがとうございます(^^)

パワスク質問大会に関する授業