チカラを身につけて、考える人になる!パワースクール

パワーモーニング第30 週(2018/7/23)

和田裕美のパワースクールの朝礼です。

第30週 「言葉にしないとわからない」WEEK

 

今週もこれで喝!!!が入ります。
気持ちの波を高くキープして、あたらしい一週間がんばりましょう!

 

※本動画は、有料のパワースクール会員さま限定配信です。リンクのシェアはご遠慮ください。転載を発見しましたら削除依頼させていただく場合がございます。

 

授業をちら読み

第30週「言葉にしないとわからない」WEEK

クレジット決済がお済みのかたで
万一動画ご覧いただけない場合は、
お手数ですが、事務局までご連絡ください。
info@wadahiromi.com

この授業を受ける

この動画は会員限定の有料コンテンツです。会員登録はこちら

この授業へのコメント

  1. Happy Blue より 2018.07.23

    相手の行動に不満を感じるときは
    自分の期待と相手の行動が
    まったく違っていたときでした。

    察してほしいと思うだけでは
    相手はぜったいに変わることはなく
    自分だけが不機嫌になっていき
    損だと思いました。

    言葉にして伝えることで
    相手との価値観の違いが分かるので
    たとえ伝わらなかったとしても
    伝える前より不満が和らぐと思います。

    今週は、相手に不満を感じたとき
    相手がやる気になる言葉を
    できるだけ明るい態度で伝えて
    協力して締め切りを守ります!

    返信

  2. Kumiko より 2018.07.25

    人によって価値観は違うもの。

    「なんでわかってくれないんだろう?」
    じゃなくて
    「わかってもらえなくて当たり前」

    言いたくても言えなくて、
    察して欲しくて、
    不機嫌な態度をとっても
    ただその場の空気が悪くなるだけ。

    「私はあなたにこうしてほしい。
    どうしてかというと、、、」
    と、自分のしてほしいことを
    ちゃんと理由をつけて伝える。

    自分視点よりも
    相手の視点で相手のメリットを説いたほうが
    いい空気でいたほうが、人は動く。

    私もついつい「わかってほしくて」
    不機嫌な態度になってしまうけど、
    違う人間なんだから、
    わかるはずもないですよね。

    言葉にして伝えること。
    それが自分にとって
    「あたりまえ」のことであっても、
    ちゃんと言葉にしていきます。

    返信

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パワースクール

パワースクール